体験航海

帆船 海王丸とは?

帆船海王丸は、国及び財団法人日本船舶振興会の建造補助金、関係諸団体・業界ほか多くの国民の皆様からのご寄付を仰ぎ、昭和62年度から3カ年計画で建造を始め、平成元年9月15日竣工した大型帆船です。

同船は、当財団が保有し、独立行政法人海技教育機構がこれを練習船として運航し、東京海洋大学、神戸大学(海事科学部)、商船系高等専門学校、海技大学校、 海上技術学校及び同短期大学校の学生、生徒に対する実習訓練を行うとともに、一般青少年を対象にした海洋教室、体験航海にも利用されています。 また、わが国が世界に誇る帆船として外国の寄港地において絶賛を博し、国際友好親善にも大いに役立っています。

 

写真提供:(公財)日本海事広報協会

■海王丸:主要目表

帆装形式 4檣バーク
船型 全通船楼甲板船
総トン数 2,556トン
主機関及び出力 ディーゼル1,500馬力×2基
機走時航海速力 13ノット
航続距離 9.800海里
全長 110.0m
垂線間長 86.0m
型深(船楼甲板) 10.7m
型幅 13.8m
最大搭載人員 199名(実習生等定員128名)